Wahl & Case、世界初のスマート調査ツールを新ブランドAttunedとしてリリース

東京を拠点とする人材紹介会社Wahl & Caseはアムステルダムで開催されたHR Techワールドカンファレンス(HR Tech World Congress)で、受賞歴もある人材分析ソフトウェアの最新版を発表致します。 東京を拠点とする、テクノロジー人材紹介会社のWahl & Caseは最先端の人材分析ツールをローンチ致します。テクノロジーに特化した人材に対する需要が世界的に高まる昨今においても、当ツールを用いることで企業は優秀な人材の採用や保持が可能となります。「Attuned」は、 本日アムステルダムで開催されるHR Techワールドカンファレンス( HR Tech World Congress)で公表されます。初期版であるFLOWは、ロンドンで行われたHR Tech ワールドカンファレンスとフィラデルフィアで行われたWharton People Analytics Conferenceでそれぞれ賞を獲得しています。Attunedは世界初のスマート調査ツールです。FLOWの長所と強力なエンジンはそのままで、劇的に改善されたユーザーエクスペリエンスにより、様々な状況に対応しています。パルスサーベイ(意識調査)を基盤に改良されたAttunedは、従業員それぞれにあったエンゲージメント調査を作成し、機械学習アルゴリズムを用いて離職リスクを予測することができます。

[video width="478" height="250" mp4="https://www.wahlandcase.com/the-wahl/and-case/wp-content/uploads/2017/11/giphy-2-1.mp4"][/video]   
Attunedにより以下が可能となります。
  • 会社の文化を可視化することができます。何がチームをまとめ、ユニークにさせているのかを知り、チーム間または事業所間での気づきにくい違いを理解することができる。
  • 入社時にわずか10分に短縮された簡単なテストを受けてもらうことで、チームメンバーが何によってやる気が出るのかが分かります。
  • Attunedのスマート調査モジュールにより、それぞれのモチベーションプロファイルに基づいて作られた6つのパルスサーベイが2週間毎に送られます。これにより、従業員のエンゲージメントレベルを定期的に確認することができます。
  • Attunedの機械学習アルゴリズムにより、望ましくない離職を防ぐことができます。集められたデータにより、それぞれのチームの離職を防ぐだけでなく、その原因となり得る理由が明らかになります。

「Attunedのローンチは、テクノロジー革新によって人材業界を世界的に変えるという私たちの目的に欠かせないものです。」Wahl & Case、CEOケイシー・ウォールは語ります。「ボードメンバーとして迎えたCIO、マティアス・ハレベリの入社に加え 、既に加速している弊社のテクノロジー企業へ移行するための 大きな一歩となります。マティアスは楽天株式会社や他大手テクノロジー会社で培った20年の経験を活かし、 私たちのテクノロジーへの取り組みを新たなレベルへと導きます。」「自動化が進みつつある中、向こう数十年間は多くの職場で混乱が生じるでしょう。Attunedにより、職場において心理的ダイバーシティを作り、それを管理することで、 この難しい時代の中でも企業や世界中の人々が可能性を生み出し、不満を減らすことができることを願って います。」Attunedのディレクター Daniel Bodonyiはこう付け加えました。For more information on how it works, check out this video.and/or contactKelly KikuchiMarketing Manager/ Wahl and Casekelly@wahlandcase.comDaniel BodonyiDirector / Attuneddaniel.bodonyi@attuned.ai