成功事例

  • 採用企業様

新スタイルのベーカリー開発におけるゼロからのデジタルチーム作りをサポート

Bake社について

BAKE社は、北海道を拠点とするユニークなフード・スタートアップで、ベーカリーのビジネスに新しい価値を加えようとしています。その中には、フードビジネスにテクノロジーを取り入れることも含まれています。トップエンジニアの参加を必要としているのはこのためです。BAKE社は、デザイン、サービス、テクノロジーの全てにこだわり、顧客を満足させたいと考えています。例えば、カスタマイズ可能なPICTCAKEサービスでは、写真入りのケーキを簡単に注文できるようになりました。

ノン・テクノロジー・クライアントのエンジニア採用

ウォールアンドケースの業界の専門知識、経験、幅広いネットワークは、ゼロからデジタルチームをつくろうとしていたBAKE社が才能ある人材を採用するために重要でした。当社には、テクノロジーの土台が全くないクライアントにテックチームを作った経験もあります。候補者との密な関係から、多数の推薦を提案いたします。このケースでは、別のエンジニアからの紹介でうまくいきました。

どんなことでもご相談ください

当社はクライアントと候補者いずれとも集中的にやりとりし、面接の前に両者の期待が現実的であることを確実にします。BAKE社のYoshihisa Haruyama氏は、エンジニアリング系でない会社がゼロからテックチームを作ることそのものが挑戦であり、最大の課題であると考えていました。

「才能あるエンジニアを雇うことは本当に難しいことです。当社は技術系企業でも、技術関連のスタートアップでもありません。また、食品業界では休日が少ないのです」と語りました。 「しかしながら、当社はフードビジネスへの情熱を持った一流の才能をもつ人材しか採用しません。ウォールアンドケースは当社のビジネスを完全に理解し、テクノロジーをどう使いたいのかを理解してくれました。その後、フードに関連したITというテーマに興味を持っている国内だけでなく世界中にいるエンジニアに当たりはじめました。」

候補者からクライアントへ

ウォールアンドケースはHaruyamaをマーケティング部門長として以前にスカウトしたことがありました。「当時私をサポートしてくれたチームは本当にすばらしかった。」と彼は言います。 「ウォールアンドケースのチームと協力すれば、間違いなくトップエンジニアを採用できるのです。たくさんの候補者と面接を行った結果、最終的にエンジニア2名(モバイルエンジニアと台湾出身のバックエンドエンジニア)を採用しました。当社はさらに採用する予定であり、ウォールアンドケースと再び共に働くことを楽しみにしています。」

重要なポイント

製品とチームづくりに興味を持つ候補者を特定していくことが不可欠です。本ケースは、テックの専門家を引き付けるだけの情報が十分にない分野の、やや特殊なビジネスでした。

会社のビジョンとミッションを理解し、最初から候補者が高いモチベーションを持っている事を確実にすることが重要です。

さらに事例を見る