会社概要

ウォールアンドケースは、テクノロジー分野のリクルーティングにおける新しい枠組みを構築しようとしています。特にテクノロジー・ビジネスへの深い専門知識と幅広いネットワークを実感いただけることでしょう。

私たちの究極の目標とは、ウォールアンドケースのネットワークと経験を活かして最適な価値を提供することを通じ、求人企業と転職希望者の皆様の将来に、建設的で意義深い影響を与えることです。このお付き合いを数年いや数十年先の長期的な強いネットワークの関係性へと発展させることを前提に、求人企業と転職希望者の皆様の両方にご満足していただくことが我々の真の価値であると考えています。

私たちは毎日、毎回、そのような姿勢で臨んでいます。

そんなことは不可能に思われるかもしれませんが、私たちは実現できると確信しています。それこそが原動力であるといっても過言ではありません。

だからこそ、求人企業と転職希望者の双方のクライアントとの連絡を常に絶やさないよう配慮しています。クライアントごとの個別の要件、能力、優先事項などすべて記録し、有意義なマッチングを実現させることを心がけています。

ウォールアンドケースリクルーティングの世界を未来へと躍動させる、おそらく唯一無二の企業です。

リーダーシップ

Casey Wahl

Casey Wahl

CEO、創業者

続きを読む 閉じる ケイシーの願いは人材業界を変えることです。この問題に関する彼の情熱は深く、業界の評判に対しても大いなる不満を持っています。ここ数十年、人材紹介会社において大したイノベーションは起きておらず、代わり映えなく目先しか見通せないリクルーター達が大勢いることによるネガティブな評判によって、業界自体もしばしば自ら傷をつけています。ケイシーはそれを変えたいのです。それも、グローバルに。アナログ(人材紹介業 – Wahl & Case)かつデジタルに(Justa, Flow)。これは人生を賭ける価値のある大きな課題です。ケイシーの想いは@RedBrickVentureでフォローできます。ケイシーは日本語が流暢な長期在日者で、IE Business SchoolからエグゼクティブMBAも取得。

Tomoyuki Ozawa

Tomoyuki Ozawa

CFO

続きを読む 閉じる 小澤朋之はWahl & Case groupのCFOを務めています。Wahl & Caseに入社する前は、都市銀行や4大会計事務所の一つなどで働き、また自ら個人事務所を経営していました。同時にコンサルタントや営業の経験も有しているため、公認会計士としての専門性を持っています。フロントオフィスとバックオフィスの理想的なバランスの内部統制をより戦略的に構築し、Wahl & Caseの更なる発展に寄与しています。小澤朋之は日本語が母国語ですが、英語、中国語、スペイン語が堪能です。また、彼は早稲田大学の学士号、IE Business SchoolのExecutive MBAを持っています。

Romen Barua

Romen Barua

執行役員

続きを読む 閉じる Romen BaruaはWahl & Caseの中でもっとも大きい市場である日本事業の拡大を率いています。その中には、消費者・企業向けのIT、小売りとエンジニアリングなどがあります。Romenはワールドクラスの実行力を基に高度のサービスを保証します。RomenはWahl & Caseでの活躍の前には、世界トップのリクルーティング会社で派遣人材部門の設立の一員であり、当時は日本で最も成果を出したチームリーダーとして努めていました。Romenはオンライン販売のビジネスを経営しながら、リーズ大学から1st class honorsで卒業しました。

Scott Tullis

Scott Tullis

ディレクター, サンフランシスコ

続きを読む 閉じる Scott Tullisはお客様の期待を超えることに注力し、Wahl & Caseのサンフランシスコオフィスを率いています。東京での長年のリクルーティング経験を持つScottは、日本で必要とする高いサービス水準を経験しています。そのため、彼のチームがアメリカで特出なサービスを提供することに自信を持っています。以前、Scottが会計士として勤めていた頃にリクルーターにより不愉快な経験をしたことを踏まえ、取引だけをするリクルート会社よりは、真に付加価値と強いパートナーシップを提供することに熱意を持っています。Scottはサンフランシスコの湾岸地域で育ち、ビジネス経済学を専攻し、カリフォルニア州立大学サンタ・バルバラ校を卒業し、米国公認会計士の資格も持っています。

Daniel Bodonyi

Daniel Bodonyi

ディレクター/Flowビジネス部門

続きを読む 閉じる ダニエル・ボドニーは予測解析SaaSビジネス“FLOW”をリードしています。FLOWは、企業がそのカルチャーにフィットする優れた人材をスクリーンし、彼らのモチベーションを上げることにより長期雇用を可能にする手助けをします。元クラシックピアニストかつシェイクスピア学者、更に起業家として成功したダニエルは、グローバル・ストラテジー・コンサルティング会社L.E.K及び国連のアナリストとして、厳密なデータに基づき科学的に証明されたアプローチを使い、私達のクライアントが職場をより人間らしく出来るようにすることをミッションとしています。

Yo Shibata

Yo Shibata

社外取締役

続きを読む 閉じる 1984年生まれ。2007年東京大学経済学部卒業。シリアルアントレプレナー。学生時代に先輩と起業を経験したのち、コンサルティング会社マッキンゼー・アンド・カンパニーに入社。バーコード価格比較アプリ「ショッピッ」や「日本交通タクシー配車」など、数々の「0」から「1」を生み出すサービスを手がけ、2011年5月に自身4社目となるベンチャー、スポットライトを設立。国内を代表するオンラインtoオフラインサービスである「スマポ」を生み出す。2013年10月楽天に売却。これまでに4社を創業し3社を売却している。2015年7月より再び独立して次の起業を検討するとともに、国内の起業家によるベンチャー企業を支援する組織TOKYO FOUNDERS FUNDを開始。